« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »

靴の変えただけで

何十年と下肢痛を訴えている患者の症例です。

アクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニック(AMCT)と条件反射エネルギー療法を組み合わせて、治療を行っていたのですが、最後に1/10(※10/10が最悪の痛み)の痛みが残っていました。

条件反射エネルギー療法の検査で、靴というストレスがでていたので、患者さんに靴の治療を施し、なおかつ靴をかえてもらいました。

そうしたところ、何十年と悩んでいた下肢痛が0/10になる日がでてきました。

患者さんも「不思議ですね」と言っていましたが、人間の身体には科学で解明できないことがたくさんあるので、既成概念に縛られずに、新しいことを取り入れていけば、このような改善も見られると思います。

「今までと同じ生活習慣・同じ考えでは、体調の変化はあらわれることは少ない」

そんなことを思いました。

というわけで、条件反射に関する本などです、ご興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アクティベータメソッド

アクティベータメソッドのセミナーに参加した。

いつもアクティベータメソッドのセミナーに参加すると、気がつくことがあり、今回は、自分の気持ちが楽な方に向いていることに気がついた。

今回から参加する柔道整復師・鍼灸師の先生方の、何かを学び取ろうとする気持ちに圧倒され、この純粋な気持ちが少なくなっていた自分に気がつかされ、ショックを受けました。

先生達と実技や講義の内容を話し、質問され、自分の知識の再確認をした。私が担当したグループの先生からは、休み時間ごとに質問をしていただき、私も嬉しかったです。

また次回のセミナーでお会いすることを楽しみにしています。

最近、気になっている本ですよ。 興味のある方は、どうぞ。 お薦めの本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左手の痛み

赤ちゃんを産んだお母さんに、よく見られるのは左手の痛みである。

現在、乳児のお母さんが3人、来院されているが、そのうち2人は左手の痛みを訴えていた。

アクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニック(AMCT)の治療で、2人のお母さんの左手は、元に戻っている。Photo

 乳児は、おっぱいの時に頭を支えたり、沐浴させるときに耳を押さえたりで、左手を酷使することが多いために、痛みがでるお母さんが多いようです。

 ただ、身体的な酷使だけでなく、子育てのストレスが多くみられ、そのストレスを開放することも必要になりますね。

 

 2人のお母さんも現在は、左手の痛みもなくなり、赤ちゃんをだっこするときのストレスも減少しているようです。

 子育て中のママさん達、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演会

先週の土曜日に、静岡で致知出版社の藤尾社長さんの講演会があり、午後の診療をお休みし、講演会を聞きに行った。

会場は、はじめて入るところで、大きさに、少しびっくり。

中野素芳さんの水墨画の展覧会の記念講演会で、全国から多くの方々が集まっており、パワーが満ちあふれている感じだった。

藤尾社長の講演は、笑いあり涙ありであっという間に時間が過ぎ去ってしまって、

「あー人の前で話す人は、こんなパワーのある話しぶりでなくてはだめだな」

と思った。

自分が聞きたいと思う講演内容でなくは、聞く方も真剣に聞いてくれない。

そんな講演者に自分もなりたいと思い、帰ってきました。

講演会で一番、感動したのは、

一人の携帯も鳴らなかったことです。

やはり「致知」という雑誌の読者は、すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »