« 心身条件反射療法 | トップページ | 私の履歴書 »

心身条件反射療法とは

昨日、心身条件反射療法を体験された患者さんは、大手ゼネコンの技術者の方だった。

橋梁などの構造物には、固有振動率というものがあり、止まっているように見えるが、実は微妙に振動している。人間の身体も、固有振動率というものがあり、腰痛などは40-60Hzで振動をしているのである。

このような話を患者さんとしていると「へー」といったような感じで、聞かれていたのですが、アクティベータ・メソッド・カイロプラクティック・テクニックや心身条件反射療法で身体が楽になると、少しびっくりしていたようです。

ほとんどの患者さんの症状は、その治療ごとに変化するのですが、やはり西洋医学的な考えをかたくなに信じている患者さんには、なかなか理解しがたいようです。

今年の東京大学の新入生に対する学長さんの祝辞には、

「あたりまえのものを疑ってみることが必要」

というような言葉がありましたが、いま行われている治療法は、10年後のスタンダードかといえば、そうではありません。何かおかしいのではないかという疑問から、技術は進歩し、浸透していくのです。

Photo_9 アカデミックな仕事をされている患者さんには、きっと

「ほおう、ほう」

と納得がいくことが多いと思います。

ぜひけんこうカイロプラクティックセンターの治療を体験して下さい。

お待ちしています。

|

« 心身条件反射療法 | トップページ | 私の履歴書 »

心身条件反射療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166340/14714004

この記事へのトラックバック一覧です: 心身条件反射療法とは:

» 椎間板ヘルニア手術「レーザー治療(PLDD治療法)の特徴」 [椎間板ヘルニアの悩み解消!]
こんにちは。トキ@椎間板ヘルニアの悩み解消です。 PLDDという椎間板ヘルニアをレーザーで治療する方法について調べてみました。 椎間板ヘルニアをレーザーで治療するPLDD治療法は、「Percutaneous Laser Disc Decompression」の略で、日本語では「経皮的レーザー椎間板減圧術」と呼ばれています。レーザーを利用したPLDDによる椎間板ヘルニア治療は、手術室に入ってから出るまで、わずか15分ほと...... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 10時55分

« 心身条件反射療法 | トップページ | 私の履歴書 »