« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »

パニック障害の患者さん

パニック障害のために来院されている患者さんたちが、次々と職場に復帰できるぐらい回復したり、車に乗れたりするようになってほっとしています。

静岡市にもかなり心療内科があり、よい先生もたくさんいるようです。

パニック障害の患者さんは、はやく自分に合う先生に出会えるといいですね。

私もパニック障害の患者さんとの出会いを通して、アクティベータメソッドや心身条件反射療法(PCRT)をさらに勉強して、少しでも患者さんに役立つようにがんばります。

今日も、一日良い日でありますように。

静岡 静岡市 葵区  けんこうカイロプラクティックセンター

| | コメント (0) | トラックバック (3)

心身条件反射療法(PCRT)

線維筋痛症・線維性筋痛症の圧痛点ってご存じですか?

Photo

「メルクマニュアル家庭版」

http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec05/ch074/ch074c.html

にこんな圧痛点のイラストが載っていました。

すべての患者さんがこのような感じではないと思いますし、日によって違うということもあります。

なぜ日によっての差があるのでしょう。不思議です。

静岡 静岡市 けんこうカイロプラクティックセンター 心身条件反射療法(PCRT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線維筋痛症・線維性筋痛症4

線維筋痛症・線維性筋痛症の疑いで、いろんな総合病院で検査を行っていた小学生の患者さんが症状がかなり改善し、1ヶ月以上休んでいた学校に登校をできるまで回復して、今日から登校するそうです。

うれしいですね。

私も1ヶ月以上、患者さんとご両親とがんばってきて良かったと思います。

線維筋痛症・線維性筋痛症では、なかったのかもしれませんが、病院ではやはり原因がわからず、これといった治療を行ってこなかったので、痛みで大変そうでした。

心身条件反射療法(PCRT)で、線維筋痛症・線維性筋痛症の痛みの原因となっているストレスなどを特定し、アクティベータメソッドで体を調律していったのですが、それがよかったのかもしれません。

線維筋痛症・線維性筋痛症の患者さんに、少しでもお役に立てれば幸いです。

静岡 静岡市 けんこうカイロプラクティックセンター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線維筋痛症・線維性筋痛症3

線維筋痛症・線維性筋痛症ですが、けんこうカイロプラクティックセンターに来院された患者さんを、アクティベータメソッドや心身条件反射療法(PCRT)で検査・施術をしてみると、やはりストレスの関与があるようです。

Photo

痛みは24時間出ているかというとそうではなく、やはりストレスを感じているときには痛みが増加するようです。

薬を飲んでいるのに、痛みの変化があるという方は、ぜひストレスなどの心の動きを注意してみてください。

線維筋痛症・線維性筋痛症の方は、優しすぎたり・かんばり屋さんが多いのではないかと思います。

心身条件反射療法(PCRT)で、潜在的なストレスを検査すると思いがけないストレスがわかるかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線維筋痛症2

今日も、線維筋痛症のことを書きます。

インターネットでは、線維筋痛症の患者さんの会などがあります。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~Pain/

私の肉親も、難病を患っていたことがあり、その時には、やはり患者さんの会に入っていました。その会で勇気づけられたことでしょう。

線維筋痛症などの疾患の患者さんには、一度、心身条件反射療法やアクティベータなどの治療をうけてみたらと思います。

ぜひ けんこうカイロプラクティックセンター にいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線維筋痛症

線維性筋痛症・線維筋痛症の記事が、2007年10月21日の日本経済新聞に掲載されていました。

最近、線維筋痛症・線維性筋痛症の患者さんを治療することがあるので、そういう情報がたくさん入ってきているのでしょう。

アクティベータ メソッドや 心身条件反射療法 (PCRT) で治療をすすめているのですが、患者さんの体調が改善されてきており、ほっとしています。

まだまだ治療法が確立されていない線維性筋痛症・線維筋痛症ですが、患者さんの症状をみていると、アクティベータメソッドや心身条件反射療法(PCRT)は、役立っているのではないかと思います。

| | コメント (0)

病期や心「光」で探る

心身条件反射療法(PCRT)では、心の問題も扱うことが多いのですが、まだまだ一般の患者さんには、心の問題ということが身近ではないような気がします。

昨日の静岡新聞夕刊に

病期や心「光」で探る

との記事が載っていました。

メディカルフォトニクスという分野だそうです。このフォーラムが静岡市で行われているようで、内容に興味が引かれます。

心身条件反射療法(PCRT)の分野で、このような世界的な研究成果の発表を参考にできればと思し、さっそくいろんな情報をしらべてみました。

静岡には浜松フォトニクスというすばらしい会社があり、フォトニクスの最先端を行っているのではないでしょうか。

早起きをして、新聞を2紙ほど目を通すのが日課ですが、いろんな情報をキャッチでき私にとっては、心の栄養を蓄える時間になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

排卵検査キット

いつも送られてくるメールをみていると、排卵検査キットなどというものがあった。

これは何?

不妊治療のために来院される患者さんがいらっしゃったので、排卵の話などをすることがあり、さっそくの情報が入りびっくりしています。

いろんな検査キットがあるもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線維性筋痛症

線維性筋痛症の患者さんに治療を行っています。思い出深い症状です。

カイロプラクティック大学卒業時のプロフォーマの作成で、苦労した記憶がよみがえってきました。

大学の頃と違って、現在は違うテクニックを使用していているので、患者さんの予後も、大分改善されているような気がします。

INTERNETで、線維性筋痛症のことを調べてみると、やはり日本にはかなり多くの線維性筋痛症の患者さんがいらっしゃることがわかりました。

そんな線維性筋痛症の患者さんたちに少しでもお役に立てたらと思っています。

線維性筋痛症の患者さんのかた、心身条件反射療法(PCRT)治療を受けてみることをおすすめします。

今日は4時台に起きたので、このブログも朝書いています。

息子たちもそろそろ起き出す頃です。

さて今日も良い一日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

休日の診療します。

昨日、東京でお世話になっていた恩師から手紙を頂いた。

その先生の手紙はいつもあたたかく、読むだけで身体も心もほっとさせられる。そんな人になりたくて、いつも努力をしていますが、まだまだ恩師のようにはなれませんが、それはそのはずですよね。経験も違いますから・・・。

さてその先生の手紙には

「忙」という文字は、心(こころ)を亡くすと書きますね。

最近、忙しすぎてなかなか子供との時間をとっていません。

連休を取ろうかと思いましたが、やはり8日の祝日を診療します。

考えていることとやっていることが反対なような気がしますが、まあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »