« パニック障害4 | トップページ | »

パニック障害5

パニック障害と妊娠・出産との関係

で悩まれている女性の患者さんが多いと思います。私の治療院に来院されているパニック障害の患者さんの多くは女性、それに出産前の女性が多く、薬のことで本当に悩まれている人が多いです。

なんとか早く薬をやめて、妊娠をしたいと思っているのですが、この薬を止めるということが難しいのです。

薬によってパニック障害の症状が抑えられていると自己暗示をかけてしまっているので、脳の錯覚が起こっている状態、その状態をリセットするのが心身条件反射療法(PCRT)の治療です。

これはパニック障害ばかりでなく、腰痛や関節痛などにも共通することで、脳の錯覚(思いこみ・条件付け)によって起こるものです。

いま、パニック障害の克服しつつある患者さん達との交流会を行おうかと日程を調整中なのですが、このブログを読まれているパニック障害の患者さん達に、勇気を与えることができるのではないかと思っています。

パニック障害の患者さん達の一日が、よい一日でありますように。

静岡 静岡市 けんこうカイロプラクティックセンター

アクティベータ メソッド カイロプラクティック テクニック

心身条件反射療法 (PCRT)

けんこうカイロプラクティックセンターには、腰痛 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 ぎっくり腰 脊柱管狭窄症椎間板変性症 変形性股関節症 変形性膝関節症 膝の痛み 肩こり 頭痛 アトピー性皮膚炎 花粉症 パニック障害 線維筋痛症・線維性筋痛症 妊婦の腰痛 夜泣き 中耳炎 慢性中耳炎 浸出性中耳炎 首の痛み 高血圧症などの症状の方がお見えになっています。

|

« パニック障害4 | トップページ | »

心身条件反射療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166340/17049270

この記事へのトラックバック一覧です: パニック障害5:

» 妊娠中妊婦の坐骨神経痛 [妊娠中・産後の妊婦の悩み大全集]
妊娠中妊婦の坐骨神経痛女性が妊娠中、特に妊娠も後期に入ると、母体は出産の準備段階として産道を確保する為、骨盤が緩み始めます。その結果、骨盤の関節である股関節や尾骨、仙骨、腸骨などの関節も位置が骨盤の移動にともないズレが生じます。妊娠中の坐骨神経痛は、この様にして産道確保のために緩んだ骨盤や子宮が坐骨神経を圧迫することによりし、腰痛から足に響く様な感じや痛み、しびれ、膝などの関節の痛みなどの症状が現れます。また、体の要である骨盤がずれることにより体全体のバランスがずれ、腰痛や下...... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 12時24分

« パニック障害4 | トップページ | »