« パニック障害の患者さん | トップページ | ぎっくり腰 治療 »

パニック障害

10月に来院されてパニック障害の治療を行っていた患者さんが今日から仕事に復帰されることになって、一安心。

心身条件反射療法(PCRT)でストレスを検査していくと、自分の先行きのことが心配になっている。

患者さんにも、そのことはわかっているだが、やはり男としてのプライドがあり、なかなかそれを人に言うことができない、自分で自分を苦しめているような感じです。

パニック障害の患者さんの多くは、予知不安(自分がどうなってしまうのだろう・先行き不安)を訴えることが多いような気がします。

この不安を、薬で抑えているのですが、限度があるようです。

また薬を飲んでいると、薬を早く止めたいという気持ちが強くなるようです。

心身条件反射療法(PCRT)では、なにが原因で先行きの不安を感じているのかを、確かめていきます。

今朝は、また4時過ぎに起きて、このブログを書いていますが、今日復帰する患者さんによい一日であって欲しいと思っています。Oさん、よかったですね。

静岡 静岡市 けんこうカイロプラクティックセンター

けんこうカイロプラクティックセンターには、腰痛 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 脊柱管狭窄症椎間板変性症 変形性股関節症 変形性膝関節症 膝の痛み 肩こり 頭痛 アトピー性皮膚炎花粉症 パニック障害 線維筋痛症・線維性筋痛症 妊婦の腰痛 夜泣き 中耳炎 慢性中耳炎 浸出性中耳炎などの症状の方がお見えになっています。

|

« パニック障害の患者さん | トップページ | ぎっくり腰 治療 »

心身条件反射療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166340/16939342

この記事へのトラックバック一覧です: パニック障害:

« パニック障害の患者さん | トップページ | ぎっくり腰 治療 »